大瀬崎 2017.09.16-17

2017.09.21 (Thu)
<先端>
いつも通り深場に行き、そしていつも通り何も見つからないのであった。゚(゚´Д`゚)゚。

そんな中、これが一瞬ヤドカリに見えてですね、
「ワシもついに窒素の吸いすぎで頭がおかしくなったな」と思いました。
s-ss20170916-009.jpg

実際は貝がヒトデを捕食しているだけです。
貝って割と何でも食べるんですかね。
s-ss20170916-007.jpg

浅場に帰ってくるとクツワハゼが熱い戦いを繰り広げていました。
s-ss20170916-048.jpg

攻防の瞬間まで見れたのですが、ご覧の通りピントが・・・
前後に動くのはやめていただきたい!
s-ss20170916-038.jpg


久々にミドリイシサンゴがあるエリアに行ってみると
季節来遊魚が結構付いてました。


ノコギリハギ
自然光のメルヘン仕上げ。
s-ss20170916-123.jpg

ホシギンポを大瀬崎で見るのは初でした。
やや成長してしまった感がありますが、
サンゴが南国っぽさを醸し出しています。|ω・`)
s-ss20170916-137.jpg

<湾内>
ミジンベニハゼエリアに行くついでに散策してました。

アミメハギYG
こういうウミヒドラと一緒にメルヘンに仕上げたいのですが、
茶色い部分がやや邪魔なんですよね。後は青さを出すように努力。
s-ss20170916-199.jpg

偶に意図してない生物(今回はアカスジカクレエビ)が絡んでいる
ときがありまして、写真の再確認するときの楽しみであります。
s-ss20170916-181-3.jpg

で、目的地到着。
ミジンベニハゼがしきりに動き回っているので
「あぁ、食欲旺盛なんだなぁ。いいことだ」
などとボーっと見てました。
s-ss20170916-222.jpg



よく見たら・・・
s-ss20170916-222-2.jpg



稚魚放ってるぅぅぅぅーーー!
あぁぁぁぁぁ気づくのが遅かったぁーーーー。
あらゆる事態を想定してないとダメですね。←この日の教訓

以上(浮遊ナイトに続きます)
Category: 大瀬崎 | Comment(0)

IOP 2017.09.10

2017.09.12 (Tue)
久々になってしまいましたがようやっと潜れました。

<ブリマチ方向>
とある新種?と思われるベラを見るためにこちらへ行っておりました。

ガイド様がしきりに叫んでいるので様子を見に行ったら
s-ss20170910-021.jpg

オオセが飛んでました。((((;゚Д゚)))))))
わしも・・・見るのは・・・初めてじゃ(ラピュタのとある爺さん風に)

季節来遊魚も増えてきましたね。

アカスジウミタケハゼ
s-ss20170910-058.jpg

ハタタテハゼは2匹だったのが3匹に増えたみたいですね。
でもわし・・・この種は成魚の方が好みなのよ(-_-;)
s-ss20170910-069.jpg

オクリダシには5匹くらいいるらしいですね。
もはや夏の定番 サザナミヤッコYG
s-ss20170910-098-2.jpg

わし的にグッときたのがこの子でしたわー。
タスキモンガラ
s-ss20170910-108.jpg


なんかもうね・・・ほっぺた部分とか可愛いよね!
s-ss20170910-110.jpg

オクリダシでペアになってるクビアカハゼです。
s-ss20170910-157.jpg

「ペアも撮れたし、満足したぜ!」と思っていたらガイド様からダメだし
がありました。どうやらペアが並んでいないとダメなようです。


というわけで取り直してきました(2本目)
s-ss20170910-277.jpg
現状これ以上完成度の高い画はワシには無理です!

<2本目:ほぼ1本目と同じ場所>
とあるベラが見つかったとのことでしたので行かせていただきました。

こちらでございます。
オグロベラ系みたいですが、正直水中で見てもそこら辺にいるベラとの
違いがよくわかりませんでした。ワシもまだまだじゃな。|ω・`)
s-ss20170910-181.jpg

最後に今年最後であろうクロホシイシモチの産卵を見てエキジット。
s-ss20170910-206.jpg

うーん、撮影位置が悪かったな(笑)

以上
Category: IOP | Comment(0)

大瀬崎 2017.08.11-12

2017.08.15 (Tue)
海水浴シーズンになっているので、湾内が入りずらい。
というわけでひたすら先端に行ってました。


<先端の先端>
マダラハナダイを見に行ったのですが、いなくなってましたね。|ω・`)
(他の方も見てなかったです。)

しょうがないので先端側で彷徨っていたところ、
「先端側の方がソフトコーラルがたくさんあっていいよね」
と言われていたことを思い出したので久々にワイドしてきました。
s-ss20170812-023.jpg

この時期にきれいになるイトヒキベラも帰りに見れました。
水が綺麗だったので2匹写してもチリがあまり映らないのがGOOD!
s-ss20170811-033.jpg

浅場に帰ってくるとタナバタウオがやたら活性化してました。
こいつら・・・こういう場所にいたのか!
ただ、夕方は見かけなかったので狙うなら昼まででしょうかね。
s-ss20170812-233.jpg

メスにアピールする姿も見れましたわ。
s-ss20170811-087.jpg

<先端の湾内寄り>
アカイサキがいたらしいのでその辺(イソギンチャク畑のやや湾内より)をふらふらしていました。

で、まぁ当然見つかりませんでした。(笑)

アカタマガシラ
普段湾内の深場は行かないので、湾内性で深場?の生物に会うことは
ないので何気に初対面でした。
s-ss20170812-257 アカタマガシラ

あぁーーースジチガイーーーがいたのですが、あっさり引っ込まれました。(´;ω;`)
そのまま水深XX(0~5までのキリの良い数字が入ります。)まで行ってみたところ、
「ここが貴様の終着点だ!」と言わんばかりにエリマキエビとハクセンアカホシのセットがおりました。
あ、何気にホムラチュウコシオリエビも写ってる(^_^;)
本来はこんなに深場のエビだったのですね。
s-ss20170812-251.jpg

そしてワシ帰る。イソギンチャク畑まで帰る。
今年はクマノミの産卵が活発らしいですね。
s-ss20170812-214.jpg

クマノミ卵
s-ss20170811-039.jpg

<ついでの浮遊>
この日はストロボ充電し忘れたので片方のみ真正面からあててます。

アオリイカYG・・・いいよね+゚。*(*´∀`*)*。゚+
s-ss20170811-137.jpg

どことなく漂う宇宙人感。
s-ss20170811-149.jpg

ヤガラ系のYG
s-ss20170811-099.jpg

カマス系のYG
s-ss20170811-125.jpg

ウキヒシガイ系
s-ss20170811-128.jpg


以上
Category: 大瀬崎 | Comment(0)

セブ(その他) 2017.07.23-26

2017.08.10 (Thu)
個人的に印象に残ったネタをひたすら書いていきます。

<サンセット>
クジャクベラ
夕方に見れるらしいので試しに行かせてもらいました。
周囲が薄暗くなるのでカメラAF(オートフォーカス)のワシにはきつかったです。
これマニュアルフォーカスじゃないと無理じゃのう。
s-ss20170723-211.jpg


ラインスポットフラッシャー
厳しい状況の中、とりあえず納めてきたクジャクベラの外人版。
s-ss20170723-212.jpg

<洞窟ポイント>
シマクダリボウズギスモドキ
洞窟ポイントもあったので2本ほど行ってきました。
これは見たかったネタの一つです。
s-ss20170726-1073 シマクダリボウズギスモドキ

イタチウオの一種
見れるとは思ってなかったのですが、ガイド氏が頑張って見せてくれました。
これは2本目に見たやつです。(わしが「黒抜きで取り直したい」と言ったらリクエストに
答えてくれました。ありがとうございます!)
s-ss20170726-1153.jpg

ドウクツシマベニハゼ
毒々しい感じがいかにも洞窟に生きる者っぽくて良いです。
s-ss20170726-1098 ドウクツシマベニハゼ

<深場>
フジイロサンゴアマダイ
サンゴアマダイは大体深いんですけど、そのせいかワシ個人的に好きな魚種なのですよ。
こいつに関しては屋久島で仕留め損ねていたので良いリベンジでした。
s-ss20170724-264 フジイロサンゴアマダイ

フカミヤッコ♀
名前からして水深深そうですが、深いです。
あまり詳細を聞かないでね!
s-ss20170723-104.jpg

フカミヤッコ♂
うーん、これは・・・♀の方が体色好みかも。
s-ss20170723-119.jpg

よくよく見返してみると思いがけない生き物が移っていることが
ありますが、これもまさにそれです。
s-ss20170725-666.jpg


<その他>
アオギハゼ
このアングルはなかなかないなと思っただけです。
s-ss20170724-473.jpg

オヨギベニハゼ
アオギハゼの中に混じっているので、探すのが面白いです。
s-ss20170724-367 オヨギベニハゼ

ヤマブキハゼとエビ
何気にハゼが鰭全開になっているのが玄人ポイントです(笑)
s-ss20170725-830.jpg

クロオビスズメダイ
割とどこにでもいる(セブでは)スズメダイですが、
模様にパンダっぽさを感じる可愛いやつです。
s-ss20170723-150 クロオビスズメダイ

ローランズ・ダムゼル
ガイドさん3名から各々1回は指されてました。
それくらいセブではメジャーな種のようです。
s-ss20170726-1117.jpg

ピンクスクワット
最後のダイビングで見せてもらいました。
顔つきがなんとなくロックバンドやってそうな感じでチャラいです。だがそれがいい!
s-ss20170726-1219.jpg

以上
Category: セブ | Comment(0)

セブ(浮遊編) 2017.07.23-26

2017.08.04 (Fri)
所感としては、流れがあるため大瀬崎で浮遊するより相当難易度高かったです。
ネタの種類は1回目の方が多かったので単純にその日の潮で良し悪しが決まると思われます。

<1回目>
最初に現れたネタ。兜を持った状態のシャコは珍しいらしいです。
s-ss20170724-551.jpg

ミミイカと思われます。伊豆でも偶に見ますが、どちらかというと
通常のナイトダイビングの砂地にいる印象。
s-ss20170724-563.jpg

イットウダイの幼魚らしいです。鼻がとんがってる?
s-ss20170724-591.jpg

えーと、何クラゲ?
s-ss20170724-611.jpg

やたら足の長いエビも見れました。
s-ss20170724-599.jpg

タコの幼生。この段階でも吸盤がすでにあるんですね。
s-ss20170724-622.jpg

謎の浮遊物体。ハダカカメガイ系なのかな?
s-ss20170724-631.jpg

これはどちらかというと「浮遊系」というより、「浮遊させちゃった系」のような気がする。
s-ss20170724-636.jpg

〆にハダカゾウクラゲも見れました。
s-ss20170724-651_201708042236256c8.jpg

やっぱりこの日は当たりだったな。続けてもう1本ナイトダイビングすればよかった。

<2回目>

以下浮遊させちゃった系
コシオリエビ幼生のようです。
s-ss20170725-1017.jpg

これはほぼ確実にフィンキックで浮いちゃったタツノオトシゴと思われます。
むぅ、しかし昼間撮るよりもよっぽどいい仕上がり。「タツノオトシゴ!」と言わんばかりのポージングですよ。
s-ss20170725-950.jpg

サンゴモエビ幼生
s-ss20170725-905.jpg

この日の目玉はこいつでしょうね。
s-ss20170725-917.jpg

クラゲにアジが付いているんですが、すごくひらひらしていたので
最初は深海魚?! と思いました。

三度笠を身に着けた海の旅人ですよ。カッコイイ!
s-ss20170725-931.jpg

この日はそれ以外が切なかったので前回スルーしていたネタにも懸命に
かぶりつきました。(笑)

テンジクダイYGらしい。
s-ss20170725-1027.jpg

伊豆の浮遊系でもおなじみ、貝の幼生
s-ss20170725-906.jpg

クリイロハダカカメガイ?かな
s-ss20170724-581.jpg

浮遊もできる良い場所ですよ。

以上
Category: セブ | Comment(0)
back-to-top