IOP 2017.07.17

2017.07.18 (Tue)
生態的なものが見たくなった(主に産卵)のでガイド様にレクチャーしてもらいました。
(一番の目的はIOPに置き忘れたマスクを回収することなんですけどね(笑))

ひとまず午前中はカワハギとキタマクラの産卵狙いでしたが、
どちらもそれらしい個体が見つからずに完敗。

しょうがないので砂地のカスザメを押さえてきました。
s-ss20170717-005.jpg

途中でクリーニングされてるイトヒキベラがとてもいい鰭全開状態でした。
s-ss20170717-028.jpg


季節来遊魚が来はじめてるんですね。
カモハラギンポYG
s-ss20170717-039.jpg

ケサガケベラYG
s-ss20170717-021.jpg

オクリダシで見れたノコギリヨウジの抱卵
これは生態っぽい。普段は奥に隠れてますがこの個体はガンガン出てました。
背後のエビが主張激しいな。(^_^;)
s-ss20170717-062.jpg

エキジット前にクロホシイシモチが産卵しないか確認しましたが、
午後に生みそうな個体が多かったそうです。(ワシはそこまでわかるレベルではないです。)
クロホシイシモチ見てる間、下でサザエが放精してたので一応押さえておきました。
s-ss20170717-108.jpg

<2本目>
午後になったのでベラの産卵を狙ってきました。

オトヒメベラ
ひとまず求愛を確保。産卵は今のワシでは撮れる気がしない。((((;゚Д゚)))))))
s-ss20170717-081.jpg

午前中にチェックしていたクロホシイシモチは産卵後だったので別個体を観察。

明太子出たーーー\(^o^)/
s-ss20170717-110.jpg

パックンチョ!
s-ss20170717-111.jpg

卵確保!
s-ss20170717-112.jpg


産卵前の行動もレクチャーしてもらったので、
クロホシイシモチの産卵だったら何とか自力で見れそうな気がしてきました。

以上
Category: IOP | Comment(0)

モルディブ(最終日) 2017.06.25-06-30

2017.07.09 (Sun)
<ナシモ・ティラ>
ここはソフトコーラルが綺麗な場所ということで、ワイドメインで攻めてきました。

*意図的にブラしてます。
s-ss20170630-679.jpg

s-ss20170630-719.jpg

s-ss20170630-708.jpg

普通バージョンだとこんな感じです。スーパーカラフル!!
s-ss20170630-706.jpg

群れも結構いまして良い海況でした。
s-ss20170630-733.jpg

<サンライト・ティラ>
マンタポイントです。

マンタが来るまでの間、しばらくクマノミと戯れる。
s-ss20170630-782.jpg

スカシテンジクダイをキラキラ背景にできないものかと苦闘する。
s-ss20170630-242.jpg


そして、はいキタ━(゚∀゚)━!
s-ss20170630-753.jpg

ダブルマンタパラダイス!
結果としては5匹くらい来たと思います。
s-ss20170630-803.jpg


クリーニングされていると止まってくれるんですね。
このクリーニングステーションにぐるぐる旋回してくれたので
今回は思う存分にマンタ観察ができました。
s-ss20170630-791.jpg

ここの根についてる群れとコラボしたくなったのでやや引いてみる。
s-ss20170630-792.jpg

s-ss20170630-798.jpg

もう・・・一生分のマンタ見た気がします。腹いっぱいだぁ( ´З`)=3

<フィッシュ・タンク>
魚肉ソーセージの工場が近くにあって、そこの廃棄物によってエイ等が集まる
スポットのようです。

ひとまず最初は砂地に降りてハゼ探し。
オーロラゴビーが大瀬崎のダテハゼ並みにうじゃうじゃいましたね。
s-ss20170630-300.jpg
ドラキュラゴビー(固有種)なんぞもいましたが、寄りきれないので今回は省略。

マンタではないエイ(ピンクウィップレイ)がうじゃうじゃいました。
s-ss20170630-813.jpg

ハニーコームモレイ
ウツボも多かったです。死肉を好む種が集まる特殊なポイントでした。
s-ss20170630-808.jpg

コバンザメって群れるんですね。(^_^;)
s-ss20170630-817.jpg

最後にオヤビッチャの卵を見てエキジットしました。
s-ss20170630-317.jpg

〆はマクロっていうのが伊豆ダイバーっぽいなとしみじみ思いました。(笑)


以上

モルディブ(5日目) 2017.06.25-06-30

2017.07.07 (Fri)
<フィッシュヘッド>
魚をここで釣ろうとするとサメが身を食べてしまうため
頭だけ釣れることがポイント名の由来らしいです。

というわけで、サメが多い場所です。

サメの餌であろうタカサゴの群れ
s-ss20170629-582.jpg

見回すと複数のサメ(グレイリーフシャーク)が目に入ってきます。
*見づらいですが3匹います。
s-ss20170629-590.jpg

ネムリブカ(ホワイトチップ)
さっきのグレイリーフと比較すると体が細い印象です。
s-ss20170629-641.jpg

うぅむ、やはりグレイリーフがカッコイイ。
襲われないか心配になりますが、いざとなったらカメラを盾にすれば
何とかなるんじゃないかという謎の安心感があります。
s-ss20170629-637.jpg

モルディブアネモネフィッシュ
固有種なので一応押さえておきました。
s-ss20170629-625.jpg


<ライオンズ・ヘッド>
思い出深くないので省略。


<ランカン・リーフ(2回目)>
前回はマンタが出たタイミングで不覚を取りましたが、
今回はやる気だけは満々でマンタ待ちです。
カメラも応急処置したしのぅ!

まずは準備!
近くにいた手短な魚で試し撮り。この小汚くてデカいベラ?は何なのだろうか。
s-ss20170629-660.jpg

よし、OK!
というわけで今回は無事マンタリベンジできました。
s-ss20170629-665.jpg


ワシの真上を通ってくれましたよ。
s-ss20170629-666.jpg


特に旋回などせずにそのまま行ってしまいました。
s-ss20170629-668.jpg

後ワシに残された仕事はこのマンタを追いかけて行った方(左側に写っている。昨日カメと写ってた人)
が無事帰ってくるのを見届けるだけなのでした。(笑)

以上

モルディブ(4日目) 2017.06.25-06-30

2017.07.06 (Thu)
<クダラ・ティラ>
ここも流れが強かったなぁ。根にヨスジフエダイが群れてました。
というか、ヨスジは本当に節操なくどこでも群れてるな。
s-ss20170628-448.jpg

ここもキンギョハナダイがそこそこ群れていました。
s-ss20170628-485.jpg


<フーフシ・ガァ>
マンタ待ちしてましたが流れ強いしマンタ出ないので特筆事項はなし!

<マーロフティラリーフ>
ここに来るためにモルディブ来たといっても過言ではないです。
ソフトコーラルが美しいポイントが大好物です。

s-ss20170628-515_201707062342413b7.jpg

s-ss20170628-514.jpg

どこを見てもカラフルです。
こういう小群れとコーラルをきれいに写す場合は
ワイドレンズ(20mm位)じゃなくて50mm位のレンズの方がいいかもしれませんね。
s-ss20170628-520.jpg

鍵井先生風にブラしてみたりもした。
s-ss20170628-500.jpg

浅いところに行ってもこのソフトコーラルはまだ残っています。
s-ss20170628-562.jpg

キンギョとのコラボ
s-ss20170628-568.jpg

ここのキンギョハナダイもきれいでした。
ってワシ何回キンギョの群れにドハマリしてるのΣ(゚д゚|||)
s-ss20170628-566.jpg

またまたカメ。写ってる方は初日にシャコを教えてもらったり色々お世話になりました。
ありがとうございます。( ̄^ ̄)ゞ
s-ss20170628-577.jpg

以上
Category: 未分類 | Comment(0)

モルディブ(3日目) 2017.06.25-06-30

2017.07.05 (Wed)
この日はジンベイザメサーチとジンベイスイムを目的にしてまして、
船同士が連携してジンベイを探していました。その合間に潜る。

<アリマタ・カンドゥ(2回目)>
皆様はジンベイを水中で見るために中層を漂ってましたが、
一方のワシはジンベイを皆様に任せて一人ドロップでマクロ撮影に勤しんでいたのでした。

自力で・・・見つけたぜぇ(`・ω・´)。水深は25mとお得感あり?ですかね。
s-ss20170627-100.jpg

エバンス・アンティアス
固有種で今回一番気に入った種です。日本でいうハナゴイの仲間ですかね。
s-ss20170627-127.jpg

幼魚だとこんな感じで小群れになります。
s-ss20170627-145.jpg

チョコレートディップクロミス
日本のシコクスズメダイに似てますが、白の部分が多いですね。
s-ss20170627-140.jpg


<ディグラ・アウトリーフ>
ジンベイザメがさっきまでいたのでここで潜りますか~的なノリで決まったポイント。

あまり期待はしてなかったのですが・・・









水中で会えました(((o(*゚▽゚*)o)))
s-ss20170627-403.jpg



あれ?あまり大きくないなぁ。後ほどガイドさんから聞いた話だと「普段会える個体より小さめ」だったようです。
ワシは大きさに感動したかったんじゃがのぅ。会えただけでも良かったと思うべきか。

ダイバーが小さく写ってるから大きく見えますが、ただの遠近法によるものです。
s-ss20170627-405.jpg


マンボウやマンタと違ってぐるぐる旋回してくれないのですぐに去ってしまうんですよね。
色々試したい構図があったのですが残念。
s-ss20170627-406.jpg

<ラックス・アウトリーフ>
ここでもジンベイが出ましたが、入った直後に出たのでカメラ準備一切できずに
去られました。( ノД`)

ブラックピラミッドバタフライフィッシュ
固有種です。どこら辺がピラミッドなのかは謎。
s-ss20170627-428.jpg

以上
back-to-top